芸人として活動する傍ら、30代に入ってからの八百屋でのアルバイト経験をきっかけに野菜に興味を持ち、自ら八百屋「ポン太青果」をオープン。 八百屋での経験を活かしながら、現在では野菜に関する知識がいっぱい詰まった 書籍「野菜の教科書」の出版や、MBS「せやねん」で野菜を紹介する「菜食生活!土肥ベジ太ブル」のコーナーを持つなど、マルチに活躍され、最近は八百屋さんを飛び出して農業にも挑戦!

生産者としての顔も持ち、野菜に関する見識をさらに深める活動を展開していらっしゃる、そんなよしもと芸人の「土肥ポン太」さんを講師にお招きして、ベジタブルLIFEが充実するウメキラスタイルスペシャル講座を開催します。

野菜は畑で農家の足音を聞いている

芸人の傍、八百屋でアルバイトをしたことがきっかけで、のめり込んでいった野菜の世界。
最初に始めた八百屋「ポン太青果」では生産者と消費者をつなぎながら、野菜にまつわる様々な知識を僕自身学んできました。 最近はとある農家に弟子入りして農業を学び、生産者という、これまでとはまた違った形で 野菜と向き合っていますが、ある方から『野菜は畑で農家の足音を聞いている』という言葉を聞き、 畑に立って生き生きと育つ野菜を眺めると、そんな言葉もまんざらじゃないなと思ったりします。



今回のUmeKira Styleでは僕がこれまで学んできたことをお話しながら、 野菜を楽しく味わっていただくために、季節ごとのおすすめ野菜や、上手な野菜の見分け方、生産者だからわかる、野菜の食べごろなど、野菜との付き合い方が楽しくなるようなお話ができたらと思います!

講師:土肥ポン太

1971年大阪府出身。NSC12期生。お笑いコンビ「スキヤキ」やユニット「フルーツ大統領」を結成するも2001年土肥耕平としてソロで活動をはじめ、土肥ポン太へ改名。2004年には八百屋「ポン太青果」経営を開始し、2008年には八尾市の八尾農産物大使に任命される。また、「米・食味鑑定士」の資格も。現在、芸人として活動する傍ら、「株式会社ポン太青果」、大阪府豊能郡能勢町に「ポン太ファーム」を持つなど、芸人と実業家の2つの顔を持つ。

【よしもと芸人 土肥ポン太の『もっと楽しくなるベジタブルLIFE』】
【日時】2018年7月4日(水)19:00~20:00(18:30受付開始)
【場所】グランフロント大阪 うめきたSHIPホール
【講師】土肥ポン太
【定員】60名
【参加費】1,000円
【対象】UmeKira Style 会員様 / 20歳以上の女性
【持物】OSAMPO CARD(お持ちでない方は当日無料でお作りします)
【応募締切】2018年6月27日(水)19:00
【当選結果】お申込みいただいた方の中から、抽選で60名様にご参加いただけます。
※当選者の方には、6月28日(木)に事務局Eメール(members@umekirastyle.com)より参加確認メールを送付いたします。メールの見落としにご注意ください。
※当選された場合でも、参加のご連絡をいただけなかった方は受講できませんのでご注意ください。

UmeKira Styleにご登録されていない方は、下記より会員登録した後、応募フォームにお進みください。 ※2017年5月8日より以前に会員登録された方は、新たな管理システム導入に伴い再度会員登録をお願いしています。