バランスを見直すことでスタイルアップ!

「ウメキラスタイル」がお送りするグランフロント大阪 SPECIAL FASHION PARTY。開業以来初めてのリニューアルを10月5日と間近に控え、新ブランドも加わったファッションショーとスタイリスト大草直子さんによるこの秋の「スタイルアップコーディネート講座」が行われました。まずは昼の部のレポートをお届けします。

台風の接近により雨が降る中、足を運んでいただいたお客様はニットやレザーなど秋の装いの方も多く、フロアは一気に秋モードに。まずは、10月5日に南館2階にニューオープンしたフランスの高級ティーメゾン「THEODOR」を使用したアジア初のティースタンド「THEODOR TeaStand」による、「AUTOMNE(オートヌ):秋」のティーパーティーをイメージしたこの日だけのフードとドリンクをサーブ。モンブランや紅茶のシューといったフィンガーフードとともにマンゴーソースとフローズンアイスティーの秋色ドリンクなど3種類のティードリンクをご堪能いただきました。

MCからプロフィール紹介の後、大草直子さんが登場し「スタイルアップとは細くすることやすっきりすることではなく、バランスが大事ということ」と新しい視点をお話いただき、お客様の期待感が高まったようでした。

まずは、グランフロント大阪の17ブランドによるファッションショーがスタート。今季はとにかくチェック、そしてレッドやベージュといったワンカラーコーディネートなど。みなさん気に入ったアイテムを写真にとっていただきました。

ショーの後は大草さんが再登場。今季はカラーラッシュと言われるぐらい色が多く、中でもマスタードイエローやマゼンダピンク、ブリティッシュグリーンなどがトレンドだそう。「まさに皆さんが着てらっしゃる色です。大阪の方は本当におしゃれ」とお褒めの言葉も。

そうした洋服を着こなすため、それまで運動はサルサだけだったという大草さんは、最近ホットヨガを始められたのだとか。身体のラインが変わり、特に背中の肩甲骨が見えてきたことでこの夏は背中を出したコーディネートも多かったそうで、「自分が理想とする女性像に近づけたことへのプレゼント的なもの」とにっこり。

コーディネート講座では、カラーラッシュを受けてトップにピンクのニットを使ったスタイリングが登場。今季はタートルネックがきているそうですが、年齢とともに厳しく感じる時もあるというお話に。「そんな時は、リブのタートルではなくミドルゲージのものを選んだり首の折り方を変えたりするといったバランスを探ることで首が長く見えますよ」とアドバイス。

他にも、丸ごとほしい!と大草さんイチオシのニットワンピースとラクーンカーディガンのコーディネート、ブリティッシュグリーンのニットにベージュのコートを合わせ、Vゾーンですっきり見せたコーディネートなども登場。それぞれ、違う組み合わせも披露いただきました。

質問コーナーでは、服を断捨離中で去年の服を今年風にするには?という問いに、「メイクにトレンドカラーを使ったり、ソックスや靴、ピアスにモード感を取り入れてみては」と提案してくださいました。

「新しいものを一つ買うことで、自分が持っている洋服が活性化されます」と大草さん。ぜひ皆さんも今季の装いに向けてお買い物を楽しんでみてください。

引き続き、夜のレポートもお楽しみください。